AR・VR

ARショーが実店舗の売上の196%増を後押し。スマートリテールに新たなマーケティングルートを開拓する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メタバース(Metaverse)と消費シーンを組み合わせることで、ショッピングの体験やビジネスにおいてどのような価値を新たに引き出すことができるのでしょうか。

今回、SenseTimeは中国南部の広州に本社がある越秀グループと提携し、広州悦匯城ショッピングセンターで、新しいマーケティング手法としてのAI+ARに関するひとつの答えを出しました。 

広州悦匯城ショッピングセンターは広州で2番目に大きいショッピングセンターで、華南地区にあります。この悦匯城ショッピングセンターの開業1周年記念の期間に、AR Showアプリを発表しました。ARの実応用としては初となります。

ARアイスドラゴンが悦匯城の上を飛び回る

このAR Showアプリは、SenseTimeのSenseMARSプラットフォームをベースに開発されています。「メタバース」の超現実感のインタラクティブ体験として、空中を旋回する巨大な氷竜、幻想的でリアルな氷雪のお城、きらきらと可愛い動物の氷の彫刻から、お札が雨のように降ってくるARゲーム、カード収集ゲームなど、おまけ付きのインタラクティブコンテンツまで提供しました。現場没入型の革新的な消費体験に、来場の参加者からは大きな反響がありました。

悦匯城ショッピングセンター1周年イベントの期間中、AR Showアプリの効果により、広州悦匯城全体の売上高が前年同期比196%増加。来店客の増加率は開業当時を上回り、新規会員数は過去最高を更新しました。イベント初日のAR Show体験者数は新規会員の74%に達しています。この新しいビジネスモデルと小売体験の融合は、ファンタジーな雰囲気のショッピングツアーを作り出しただけでなく、ARのビジネス価値に新たな道を切り開くことができました。

現実を超えた参加体験、「メタバース」のショッピングスタイル

“メタバース”は現実世界と仮想世界のミックスを実現し、拡張現実感とリアルの世界が融合した空間でのインタラクティブな体験を創造します。従来の電子スクリーンやポスターバナーに比べ、ショッピングに超現実的な雰囲気と没入感をもたらすことができます。

悦匯城ショッピングセンター公式のAR Showアプリで実空間をスキャンすると、「メタバース」のシャトル通路を開くことができます。この時、ショッピングセンター全体が「一新」され、巨大なAR氷竜が悦匯城の上空に降りてきて、まるでショッピングセンター全体を氷と雪の雰囲気に包んでいるかのような演出が表現されるのです。

ARファンタジー氷雪城がロマンチックな雰囲気を醸し出す

ショッピングセンター内では、かわいいAR氷像動物、自由に飛翔するARクリスタルクジラが来場客を待ちます。来場客はアプリを通し、「氷と雪の世界観」に出会うのです。大きい中庭に入ると、更に壮観でロマンチックなAR氷雪城を見ることができて、ロマンチックな雰囲気でいっぱいになります。

ARクリスタルクジラが来場客の到着を待つ

これらの、感覚的にインパクトのある視覚効果だけでなく、買い物の特典も充実しています。

決まった時間や場所でスマートフォンをかざし、空中から落ちてきたARのお札をタップするゲームで、「メタバース」の中で誰のタップ速度が一番早いかを競い合うことができるのです。

 他に、ARカード収集ゲームもあり、これは参加者全員が宝を探す勇士になれるというものです。ARナビゲーションの指示に従って、悦匯城ショッピングセンターの各所に隠されているパズルのピースを探して、パズルが完成すると賞品を「召喚」することができるという演出です。

店頭の入り口に来るとAR広告ボードも飛び出し、店舗情報やキャンペーンがすぐ目に入るようになっています。

AR氷の動物園+ARマネータップゲーム+ARカード収集ゲームはあなたのショッピングツアーを驚きでいっぱいにする

リアルとデジタルの融合が新たなビジネス価値を引き出し、マーケティング活動に新たな切り口を作り出す

「メタバース」の超現実感的なリアルと仮想を融合した映像は、消費者の好奇心を呼び起こします。AR技術による革新的なコンテンツ表現だけにとどまらず、ただのARとは差別化した体験を加えることで、独特の集客力をもたらすことができるのです。AR空間全体の設計を通じて、顧客の来場、定点集客、ホットエリア・過疎エリアの流れの誘導や、マーケティングゲームによる特定の店舗への案内を実現し、「メタバース」は商業全体の閉ループを再構成します。

  • ARマネータップゲームは店舗からラッキーマネーをもらう遊び方として、「賞金を奪い合う」という伝統的な遊び方を突破し、お札が現実空間から落下する視覚的な新鮮さで、優れた集客効果をもたらした。
  • ARカードを収集するゲームは宝探しのように来場客の探求意欲と積極性を引き出し、来場客が各地点へカードを集めに行くアクションは、ホットゾーンと過疎ゾーンへの誘導を自然に促進することができた。
  • ブランド店舗前のAR広告ボードは、没入感のある視覚効果でマーケティング情報を表示し、有力な露出をもたらすと同時に、顧客との親和度を高め、入店率を効果的に促進した。

広州悦匯城ショッピングセンターのAR Showアプリは、SenseTimeのSenseMARSプラットフォームが実店舗の集客、売り上げに力添えをした新しい成功例です。

今年9月、国際的な大型ショッピングモールである北京西単大悦城ではARスマート購入ガイドブラックテクノロジーがリリースされました。SenseMARSプラットフォームのサポートのもと、超現実的な大空間のARランドスケープ、没入型で便利なARナビゲーションを構築し、沿道の各種店舗情報や特典イベントを、スマートフォンでスキャンすればすぐに分かるようにしました。中秋節の期間中、配布されたクーポンの利用率は54%に達し、6年間で最高の利用率を記録、予想以上の効果を上げました。

実績あるAI技術とMR技術を組み合わせることにより、SenseTimeのSenseMARSプラットフォームは3500以上のAIモデルをカバー、SenseMEスマートモバイル端末プラットフォームとともに4.5億台以上のスマートフォンと200以上のスマホアプリに機能を付与し、現在最大のメタバース機能提供プラットフォームの一つとなりました。

SenseTimeはより多くのパートナーと提携することで、いたるところにメタバースへの入り口を構築していくことができています。「メタバース」での結びつきを通じてコンテンツの見せ方を最適化し、潜在的な商流を活性化し、空間インタラクションに基づく全く新しいマーケティングをリードします。

本件に関するお問い合わせはこちらから

本件についてのお問い合わせは、以下の「お問い合わせ」ボタンをクリック後表示する、弊社ホームページのお問い合わせフォームからお願いいたします。
ご要望に合わせたカスタマイズのご相談、センスタイムが保有する技術のご紹介、
御社の課題を解決に導くソフトウェアのご提案などもいたしております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

同じカテゴリの実績