Intelligent Transport

SenseTrafficが生み出す交通の新しい常識とは?18のシナリオパターンでビジネスを成功に導く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車輪や馬車から今日の自動車や鉄道、さらにはドライバーレスの未来まで、交通機関はこの1000年の発展の中でどんどん進化してきました。が、その本質は常に変わらず、人やモノを安全かつ迅速に目的地に届けることです。

センスタイムはAI時代の交通業界への新しい提案として、「SenseTrafficプラットフォーム」を提供しております。

このプラットフォームは、デバイス層、コンピューティング層、プラットフォーム層、ビジネスミドルプラットフォーム層、最終アプリケーション層を含み、18のセグメント化されたビジネスシナリオを可能にします。AI技術を通じて、交通分野の3大ペインポイントである「秩序」「安全」「効率」を深層まで管理し、最終的に交通の主体である「人」に利益をもたらします。

従来のITS(Intelligent Traffic System)は、主に横連携の課題(道路・カメラ・カバーしているエリアなど)を解決するものでした。これに対して、AI時代は、真に交通の本質に立ち返り、交通事業の日常的な運営における様々な課題を解決、事業をスムーズに運営することを可能とし、パートナーと協力して、エンドユーザーに利益をもたらす能力を引き出す、全く新しいモデルとなります。 SenseTrafficプラットフォームは、ホログラフィックにあらゆる種類の交通情報を感知・分析し、時間と空間の領域制限を越えて完全な領域制御を実現します。継続的にアルゴリズムのアップデートを図ることにより、包括的で柔軟性の高い、グローバルな意思決定を実現することができます。

SenseTrafficプラットフォームは、18種類の交通パラメータ、10種類の交通イベント、12種類の自動車/(自転車や2輪車)の違反、8種類の重量車両(大型車両、危険物搭載車両など)の管理、3種類の路面の損傷、20種類の危険物を自動的に識別し、各種の重大違反、異常、渋滞、潜在的な危険/路面損傷をタイムリーかつ正確に発見することができ、道路、橋、トンネルのインテリジェントなメンテナンスとインテリジェントな意思決定管理を強化します。

また、違法駐車、交通法規に反するような車線の変更、逆走、違法な車線占拠(バス車線の不正利用)などの行為を正確に感知します。AIを使うことで現場以外からの取締りを強化することができ、交通管理部門の管理能力の範囲を拡大し、都市交通の秩序をアップグレードすることができます。

そして、路面の自動認識、経路の軌跡の自動追跡、道路のネットワーク全体の自動制御、クリティカルインシデントの自動判別などの機能を備えており、自宅を出発してから帰宅するまでの全ての道程、経路、道路ネットワークからエンドポイントまで、ビジネスプロセスのフロー全体を自動化します。

SenseTrafficは将来的に、OSシステムとして構築し、オープンAPIとして公開する計画を予定しています。

AI搭載のプラットフォームによりインテリジェントな交通を社会実装し、AI+交通がすべての人に恩恵をもたらすことを期待しています。

本件に関するお問い合わせはこちらから

本件についてのお問い合わせは、以下の「お問い合わせ」ボタンをクリック後表示する、弊社ホームページのお問い合わせフォームからお願いいたします。
ご要望に合わせたカスタマイズのご相談、センスタイムが保有する技術のご紹介、
御社の課題を解決に導くソフトウェアのご提案などもいたしております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

同じカテゴリの実績