AR・VR

VR(仮想現実感)、AR(拡張現実感)を超えたMRソリューションで、効率的かつ魅力的なナビゲーションとショッピング体験を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年4月20日、中国有数の都市複合施設である成都国際金融中心(Chengdu International Financial Square /、以下成都IFS)と提携し、5G時代のスマートリテールのためのデジタル化されたイノベーションを模索する手段として、同施設独自に開発したAR(拡張現実感)ナビゲーション機能「ARgo」を導入し、没入型かつ対話型のカスタマーエクスペリエンスを実現しました。

「ARgo」は、SenseTimeの独自のMR(Mixed Reality・複合現実感)ソリューションである『「SenseMARS」ARプラットフォーム』をベースに開発されたもので、駐車場、店舗、施設からオフィスビル、ホテル、サービスアパートメントに至るまで、成都IFSの複数の箇所であらゆるシナリオのナビゲーションを提供する、中国で初めてのアプリケーションです。

成都IFSは、中国の一流都市複合施設の一つといわれており、現在300以上のブランド店舗が入居しています。そのほか、毎年多くの新店舗のオープンや、テーマの異なるイベントを開催しており、来訪者が300以上の店舗やイベントから目的の場所を探索、誘導するには既存の案内板ではまかないきれないなど、たくさんの課題がありました。ARガイド「ARgo」は、その解決策を提示します。

『「SenseMARS」 AR プラットフォーム』は、対象となる設備にBluetoothなどの追加デバイスを設置することなく展開できます。46万平方メートルもの面積がある成都IFSのような大規模都市複合施設でも、専用カメラを使わずに3Dマッピングを再構築しました。また、リアルタイムローカリゼーションやSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)技術と組み合わせることで、屋内外の複数のエリアの高精度な空間測位、またセンチメートルレベルの正確な位置精度(99%以上)を実現しています。


来訪者は、スマートフォンのアプリをダウンロードする必要はなく、成都IFSの公式WeChat(中国で広く使われているインスタントメッセンジャーアプリ)から「ARgo」の機能に直接アクセスすることができます。このサービスは、まずAI技術によって来訪者のスマートフォンカメラから読み取った映像から位置を解析し、次にスマートフォンの画面上に「AR矢印」を表示して、簡単かつ迅速に目的地まで案内します。

成都IFSのメインスポットである、屋根に吊るされた巨大なパンダのモニュメント「I AM HERE」をモチーフにしたパンダのキャラクターをIFS専用ビジターガイドとして画面に配置。ビジターガイドに誘導されながらAR体験をたっぷり楽しむことができます。ARgoのインターフェイスでパンダのアイコンをクリックすると、パンダのARの足跡をたどってモニュメントまで行くことができます。また、成都IFS内のサービスアパートメント「Niccolo Hotel」や「IFS Residences」にも、楽しく簡単に移動することができます。このユーザーフレンドリーな機能は、来訪者がこの大規模な商業施設で迷子になるのを防ぐだけでなく、ブランドとお客様を様々なシナリオで結びつけ、ターゲットを絞ったマーケティングを可能にします。

また、このアプリケーションには、国内初の都市型複合施設向け駐車場ナビゲーションシステムも統合されており、ショッピングモールに車で来た来訪者は、駐車場の階数と場所の番号を入力するとワンタップで車の位置を確認でき、駐車券の支払いまでもオンラインで行うことができます。

SenseMARSのプラットフォームは、これらのナビゲーション機能だけでなく、さまざまなキャンペーンやテーマに合わせた楽しいゲームやマーケティング機能を提供し、顧客とのコミュニケーションを促進することができます。

ARgoの導入に合わせて、成都IFSではインタラクティブなミニゲーム「Ready GO!」を導入しました。30秒以内に落ちてくるボールを5つ以上キャッチしたユーザーは、ギフトカードや電子バウチャーなどのプレゼントが当たる抽選会に参加することができます。

また、ショッピングモールの常駐ブランド向けには、ARクーポン、新着情報のレコメンド、テーマ別プロモーションなどの豊富なマーケティング機能があり、ユーザーがモール内を移動すると、画面上の「プロモーション」セクションに最新のプロモーション情報が表示され、近くの店舗のARクーポンがランダムに飛び出してきます。また、レストランの前に立つと、「大衆点評」(飲食・小売などの店舗情報と消費者によるレビューを掲載する中国最大の生活情報サイト)のページが表示され、評価やレビュー、人気の料理などが表示され、新しい没入型の方法で食事体験を革新します。

成都IFSのような都市型複合施設にSenseMARSのAR技術を適用することは、SenseTimeの目標である都市レベルのスマートカルチャーツーリズムを実現するための大きな一歩でした。すべての顧客に、より効率的で楽しいショッピング体験を提供するとともに、会場のサービスと管理の質を大幅に向上します。

今後もSenseTimeは、オフラインの商業シナリオにおけるAIの幅広い潜在的利益を探求し、革新的なAIアプリケーションによって、消費者のニーズや心理を軸にしたヒューマン・セントリックの考えに基づいたスマートシティ作りに貢献していきます。

本件に関するお問い合わせはこちらから

本件についてのお問い合わせは、以下の「お問い合わせ」ボタンをクリック後表示する、弊社ホームページのお問い合わせフォームからお願いいたします。
ご要望に合わせたカスタマイズのご相談、センスタイムが保有する技術のご紹介、
御社の課題を解決に導くソフトウェアのご提案などもいたしております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

同じカテゴリの実績